社会保険労務士の仕事は主に企業との顧問契約に関する仕事なので聞いたことはあるけど何の業務をやっているか知らない人も多々いらっしゃるのではないでしょうか。最近では不況の影響なのか目にすることの多くなった就労環境や、年金問題のニュースをきっかけに社会保険労務士の仕事に興味を持った人もいるのではないでしょうか?

そこで、社会保険労務士の仕事の内容と勤務体系をご紹介したいと思います。

・社会保険労務士の仕事内容とは 主として企業との顧問契約として以下の三つに大きく分けられます。

1、社会保険諸手続きの事務代理や提出書類の手続代行

2、給与の計算、作成などの帳簿書類の作成事務

3、企業の人事・労務などの多様な問題に関する相談を行うコンサルティング

・社会保険労務士の勤務体系とは 働き方の状況応じて下記の三つに分類されています。

1、「開業社会保険労務士」 個人で事務所を開いている社会保険労務士

2、「勤労社会保険労務士」 企業や団体に属し、企業内で社会保険労務士としての仕事を行う社会保険労務士

3、「その他社会保険労務士」 フリーランサー的な者か保険労務士のこと、企業に属しているが業務と係わらない業種に属している、または主婦などの形で働いている社会保険労務士