社会保険労務士の勤務形態で、開業して社会保険労務士となる「開業社会保険労務士」と企業に属し企業内の人事・労務管理を行う「勤労社会労務士」が区分けされているのはなんか違いがあるのでしょうか?起業したい人と組織に属してない人の違いかとも思いましたが、それだけでなく業務の対象などが違うようです。

「開業社会保険労務士」は名前の通り、開業して事務所を構えている社会保険労務士のことをいい、依頼人となるお客様の代行手続きや人事・労務のコンサルティングを行います。

その開業社労士は中小企業・零細企業を対象として、多角的に労務や人事の管理を行っています。なぜなら中小企業さんのほとんどが小規模であり、専門家を雇いいれるよりも社会保険労務士に頼む方が給与を差し引いても安く済ませることができるからです。

一方、「勤労社会保険労務士」の対象は所属する企業で、企業内における労務や人事の管理を専門に従事している人が多いそうです。