国家資格を取得すれば安定した収入を得ることが出来る、生活に不安を感じることがなくなると考えている方もいるのではないでしょうか。

確かに資格を持っていることは有利な条件の一つではありますが、必ずしも資格を取得したからと言って安定した生活を送ることが出来るわけではありません。

社労士も同様で、現在、国内には約3万人程度の社労士資格を持つ方がいますが、そのうちの30%程度は企業に勤める「勤務社労士」といわれています。

企業に勤めることで企業からの安定した収入と資格手当てによる給与の割り増しは期待できます。

その分、それ以上の収入は期待できませんが、安定した収入と言うことであれば勤務社労士は条件をクリアしていると言えるでしょう。

独立した社労士の場合、収入は個々人の能力、顧客の数などによって大きく変わり、年収も450万~3000万円と非常に大きな開きがあります。

経済雑誌の調査では、平均的な独立社労士の年収は511万円程度と言われています。

あくまでも平均的な収入の数値あり、必ずしもその数字になると言うわけではありませんが、やり方次第で多額の報酬を受け取る事ができるというのは独立社労士の魅力の一つであるといえます。