社会保険労務士はあまり聞きなれなくても他の士業さん、たとえば税理士の職業でしたら皆さん馴染みがあるのではないでしょうか?

今回は社会保険労務士と税理士の違いについてご紹介したいと思います。

大きく言うと事業主が対象か、法人・個人が対象かの違いになります。税理士の職業はその名の通り、税に関する手続きを行い、税務署に提出する書類の作成や手続き代行を行う仕事です。税に関することなので、個人でも不動産を持っていたり、フリーランスで活動していればお世話になることになります。

一方、社会保険労務士の仕事はその名の通り、労働社会保険に関する手続きを行いますが、この社会保険の加入義務が事業主にのみ加入義務があるので、それに関連した公共安定事務所へ提出する書類の作成や手続きの代行の業務を行うのが社会保険労務士の仕事となります。

まとめると、税務署に提出するような税金に関する書類の作成や手続きの代行の業務が税理士で、労働社会保険など事業主が提出する書類の作成や手続きを代行するのが社会保険労務士となります。